自宅の荷物が多くて収納に困っているときやたまにしか使わない季節、イベント用のグッズの保管に悩んでいるときは、トランクルームを借りるのがお勧めです。洋服や本、思い出の品やお土産、コレクションしているグッズなど、捨てようと思ってもなかなか踏ん切りがつかないものもたくさんあります。しかし部屋の収納スペースには限りがありますし、棚などを増やしていくと生活スペースが圧迫されていきます。レンタル費用はかかりますが、物を置いている居住に使えない面積を賃料に換算すると考えれば、多少の費用を払ってでも生活スペースを確保する方が有効な場合もあります。最近では広さやタイプにも様々な種類が出てきて、セキュリティや出し入れの利便性も向上したものがたくさんあります。

サイズやタイプから選べるので気軽に借りられます

サイズはクローゼット感覚で使える狭めのものからスノーボード板やスキー板、楽器などを入れておける広めのものまで様々です。屋内型なら雨風の影響を受ける心配がありませんし空調の調節がされているのでデリケートな物も預けやすく、セキュリティ的にもより安心できます。屋外型なら直接車を乗り付けられるところもあり、スポーツ用品や自転車本体、車の整備品などを入れておくとすぐに荷物を乗せられるので便利です。また広さによってはバイクを入れられるところもあるので、駐輪場代わりに使うこともできます。荷物の出し入れは24時間365日可能なところが多く、中には台車の貸し出しや荷物の配送を行ってくれる場合もあります。必要になったときにすぐ取り出せる、不要になったらすぐしまえるというのもトランクルームの大きなメリットです。

自宅に溢れる物を預ける以外にも様々な使い方があります

自宅に溢れる品々の収納だけでなく、他にもいろいろな使い方ができます。引っ越しやリフォームの際に、物をどかしておいたり一時的に保管しておきたいときにも利用できます。長期出張の際は、今の家を借り続けるより預けた方が安く済むこともあります。また荷物を預けることで整理整頓ができ、片づけがはかどってかえって荷物を減らすことができる場合もあります。オークションに定期的に商品を出品する人は、在庫を預けておくという使い方もできます。大学や社会人のサークル活動では、いわゆる部室のような場所がないケースも多いため団体の活動費からレンタル費用を捻出して道具を置いているところもあります。収納に困った物が出てきたら、無理やり自宅に置こうとせずトランクルームを利用してみるのも一つの手です。